読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miya's Textbox

自分の創作活動に関する雑記を適当に流してきます

アイデアがある程度まとまってきた

ゲーム制作 雑記

どうも。

 

MAPの舞台とか、なんとなくまとまってきたので書き出しておきます(覚書程度なのでかなーり雑な表記です)

 参考にしたゲーム

SIREN

BIO HAZARD 1~3

・Elona

 

舞台はどんな感じ

・廃病院や廃ビルみたいな感じ(そこまで階層が多くない感じ)

 →初代バイオの洋館とか、バイオ2・3の警察署のように、縦に広いのもあり。

 

舞台背景

・何かしらの理由で誘拐され、軟禁された

・興味本位で行った結果、閉じ込められた

 →興味を持った理由が分かると内容に深みが出てくると思う

・年代は現代あたり。位置は特に指定なし(というか某所で十分)

・ファンタジー要素はほぼ排除。オカルト要素もほぼカット?

 

エリア構成

・地上2~3階 地下1~2階程度

・横方向は1フロア当たり100あれば大きいくらい

・大きすぎたり、目印が少ないと迷ったり移動量が増えて飽きやすくなるため注意

 →最悪、個室サイズに釣り合わないMAPの広さでもいいと思う

 

仕掛け

・メインは鍵

・セキュリティを切るための電源設備関係もあると話の選択肢を増やせそう

・建物自体が古いため、崩落している・崩落する場所がある(木造なら床が抜ける)

 →老朽化は壁・床だけでなく、移動手段の階段やドアに有っても良い

・トラップは、基本即死級

・即死=ゲームオーバー or 拠点に返される

 →難易度設定で変えれるようにしてもいいかも(難易度指定フラグで管理し、死亡時の処理を選ぶ)

 

その他要素

・初期位置が拠点となる

 →体力消費は無いが、時間に関係するネタを入れるならベッドの設置も良いと思う

アーカイブは全てイベントとして管理する。

 →アーカイブ閲覧用ワールドを用意して、そこで読めるようにするのも手

  →非消滅アイテムを鍵として、使用することでワールドに入れるようにするのもありだと思う

・鍵程度ならいいが、大きなもの(仕掛けを解くのに必要なポケットに入らないと思うサイズの物)は個数制限を設けるとそれっぽくなるかも

 →数十kgあるようなものをいくつも軽々と持ち歩いてるとさすがに違和感がある

・何かしらのライブイベントがあっても面白いかも

 →例:床抜け

  →経過時間か即時かのどちらか

  →抜けた場合は渡り切った後に崩れるようにする

   →必ず別の移動手段を用意すること(板の橋を用意したり)

 

こんな感じだと、どうなんでしょう?

ある程度煮詰めたつもりですが、まだ甘いところがあるのかな?